2014年02月12日

「便利なのでみんなヤマハのルーター『RTX810』買ってVPN構築しましょう」:「艦これ」を外出先でも快適にプレイするための私的解決方法。乗り越えるべきハードルは3つだけだ

4gamer;「艦これ」を外出先でも快適にプレイするための4Gamer的解決方法。乗り越えるべきハードルは1つだけだ
http://www.4gamer.net/games/205/G020591/20130803001/
にインスパイアされて,やってみました.


Screenshot_2014-02-12-13-47-35.png


解決すべきハードルは,
1.VPNで内部アクセス
2.Wake on LANでPCを遠隔起動
3.VNCで艦コレを遠隔操作,使用後遠隔操作でシャットダウン
の三つです.

2と3を,1のVPNでアクセスしないことも出来ます.
その場合はNAPTで内部に貫通させておく必要性があります.内部から発信しないと動的フィルタが動作しない(多分)ので,NAPT貫通でルータ越えは個人的に怖いです.
VPNすれば,2と3のセキュリティは担保されるので.


1.VPNで内部アクセス
VPN L2TP; http://blog.tsp.me.uk/article/83299789.html
あとはついでにDDNSでnetvolante.jp使えば良いと思います.

2.Wake on LANでPCを遠隔起動
WoL,Directed-Broadcast,VPN,RTX810; http://blog.tsp.me.uk/article/87058383.html
要点は,WoLのブロードキャストを届けるために,ip lan1 wol relay broadcastで,WoLマジックパケットをリレーしようって事です.

3.VNCで艦コレを遠隔操作,使用後遠隔操作でシャットダウン
UltraVNC1.1.9.6をやってみたのですが,いろいろと最初は上手く動かず.
やってる内に気付いたことは,設定する場所が三つある.

とりあえず,VNCがサービスとして動いていて,ソフトウェアファイアーウォールも適切に設定成されているとします.
タスクトレイにある,VNCサーバアイコンの右クリックプルダウンメニューに,
1.Properties
2.Admin Properties
スタート→プログラム→UltraVNCに
3.EditSettings
の三つがあります.

1では特に設定すべき項目はないと多分思います.
2では,
Accept Socket Connectionsをチェックされていることを確認し,
Portが正しく設定されているか,
を確認します.
3.では,
Enable incoming portを確認,
Input/FileTransferでは,Disable Viewers inputsのチェックが外れているか確認します.
でないと,入力が受け付けられません.
Screen captureでは,Show primary display, show secondary displayにチェックを入れると,マルチモニタ環境でも制御出来るようになります.


この辺ですが,複数にまたがって,設定内容がリンクされていない可能性もあり,
3つ設定が終わったら,3つの内容を確認し直した方が無難です.
posted by にゃんこ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Router
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87085803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック