2013年09月09日

カーネル関数内で,何処まで進んだかPrint

カーネル関数内で,
my_cudaPass_inKernel(threadの一次元化ID, 任意の数字);
とすれば,そこまで進んだというのを表示できる関数.
ただ,カーネル関数のPrintの記述の順番と,表示の順番が何故か異なるケースもあるようで.


#define my_cudaPass_inKernel(idx, n) __my_cudaPass_inKernel(idx, n, __FILE__, __LINE__)

inline __device__ void __my_cudaPass_inKernel(const int idx, const int n, const char *file, const int line)
{
if(idx == n){
//compute Capabirity 2.0 or higher
printf("%s (%i) : Pass, in Kernel.\n", file, line);
}
return;
}
posted by にゃんこ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CUDA C
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74482349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック