2014年01月30日

KURO-N4B2ND4のHDD換装 2 とRAID5-10

KURO-N4B2ND4 RAID10setting.jpg

新しくボリュームを作成する際に,RAID10を選択しました.
Diskのチェックを追加していくと,そのHDD個数で選択可能なRAIDが追加されていきます.
JBOD:単なる連結.HDD容量×個数
RAID0:ストライピングなので,HDD容量×個数
RAID5:ストライピング+パリティ.HDD容量×(個数-1)
RAID10:ミラーリングをストライピング.HDD×(個数/2)
ただ,この図のRAID10だと,ストライピングせずにJBODのミラーのように感じてすごい悩みました.
図がACEとBDFなら分かりやすいのに.


KURO-N4B2ND4 CrystalDsikMark2.jpg
で,結果です.
HDDをWD REDに換装したことで,Seqが遅くなりました.詳しくまだ調べてないんですが,回転数が違うんですかね? わかりません.
RAID10に変更すると,当然全て速度向上しました.
特に,512Kが36->94になりました.


今,容量の関係でRAID10から5に戻そうかかなり悩んでいます(´・ω・`)

RAID10でHDDをA1,A2,B1,B2とそれぞれがペアになっていると仮定します.
A1死亡後,Bが壊れても大丈夫だが,A2死亡したらRAID死亡なので,
2台目の死亡が復旧不可になる確率は1/3になると思います.多分.

2個目のHDDが死んだ場合,
RAID5:約9TB.無条件で死亡
RAID10:約6TB.1/3の確率で死亡(多分)

つまり,66%の復旧確率を3TBで買っていることになる
むー.個人的に高い気がする.


ネット上で言われてることなのですが,SMART情報で問題なくともいきなり壊れることがある.
SMARTで危なければ即交換,大丈夫でも安心するなって事でしょう.

1台目故障から2台目故障までの時間的間隔は,同時導入と考えるとさほど差は無いと思われます.
しかし,数日以内に破損という確率もさほど高くはない.
よって,1台目の故障から迅速に対応できるか否かが焦点になると思うので,
如何に素早く故障に気付くか,だと.

一応,NASにMail通知があるので大丈夫だと思うんですよ.
んで,多分,3年以内にNASとHDDを交換するような気がするんですよ.
QNAP欲しいなー.


って事を含めると,もうRAID5で良くね?っと,これを書きながら決めました.
posted by にゃんこ at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | NAS

2014年01月14日

KURO-N4B2ND4のHDD換装

既に搭載されてたHDDを,WD RED 3TBに換装したのでメモ

初めてのNASで,しかも初めてのRAIDなので,よくわからずに試行錯誤.
で,やったこととその経緯をまとめようと.


まず,感じたこと.
・LGからの提供ツールが少ない.ネットにもないし,付属ツールが置いてないし.
詳細マニュアルすら非公開っぽい.
2chのNAS総合21の>>162さんが詳細なマニュアル上げているようです.事前情報を得ないと買いにくい商品なのに,取説がネットにないとか… 著作権よく知らないから,リンクは張りません.

で,この製品は玄人思考のキワモノシリーズなんですが,LG製のN4B2キットに日立HDDをぶっこんだ奴っぽいす.N4B2ND4はHDDが1TB×4なので,それを玄人が代理販売してるんだと思ったんですが,違うんですかね? 分かりません.
で,N4B2シリーズは,UbuntuをトレイのHDDに入れてるそうです.なので,HDDを全換装すると,NASが起動しなくなります.
HDDなしのN4B2には,NASへのUbuntu系ファームウェアのインストーラCDが付属しているのですが,この商品には付いていません
なので,HDDを電源切って換装すると間違いなくNASが起動しないので,電源ON中で換装開始.



RAID再構成で時間かかるので,RAID構成を解除してから,
HDDを1個抜いて新しいの挿してリブートを三回繰り返しました.
最後のHDDを抜くと,反応しなくなりましたww
Webメニューもパワースイッチも反応しなくなったので,コンセントを抜きましたw
#14.02.19 HDDに自動で不可視ボリュームを作成して,そこでなんかやってると思い込んでたんですが…


で,HDDを元の構成に直して,コンセントON.

そっからRAID組み直して.
WebメニューのVolumeからEdit→HDDを1個解除→HDD1個挿し→ADD,すると再構成されるんで,数時間待.
これを4回繰り返して全HDDを換装.
→ちゃんとカーネルが動いてるようで安心.

で.
RAIDは初期の2.6TBなので(1TB×4のRAID5なので),RAID解除して,同じくRAID5を新規作成.
#14.02.19 WD RED3TBに換装したので
8TBになりました.

WDC WD30EFRX-68Eが2.7TBとしてVolumueに表示されているので,多分正常.
3×10^12(TB)/1024^4=2.728TiB.
RAID5なので2.728×3=8.185TiB.

185GBほどを,ファームウェアのUbuntuなどで使用している?
RAID解除してもOS無事なことから,RAIDとは無関係??

なんか,RAID再構成に22時間かかる計算なので(´・ω・`)
#140115 データがない状況だからか,朝起きたら終わってために12時間位内に終わったぽい.

今悩んでるのは,RAID5かRAID10にすべきか.
RAID5で8TBなので,RAID10にすると5.3TB程度になりそうなので
現状では5.3TBで十分なんですが,HDDが2個死ぬ前に交換すればRAID5でいいんだし…


むぅ.

とりあえず,RAID5で構成始めてしまったので,
日立1T→WD RED3TBに換装時での速度測定してから考えようと思います.



NAS記事一覧
http://blog.tsp.me.uk/category/3512655-1.html
posted by にゃんこ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | NAS

2014年01月12日

KURO-N4B2ND4,メインRAM交換

分解!玄人志向「KURO-N4B2ND4」!
で行われている事と同じ,メインRAMを1GBから2GBに増量.
作業工程も一応撮ったけど,同じ写真なので割愛.
ただ,ツクモはRAID10らしいけど,以下の結果はRAID5.

結構速くなりますね−.
#2014.02.02追記
1GBメモリ→2GBで,1GBFileなので速いのは当たり前かもしれません.
HDD書き込み時のメモリ詳しくないんでわかんないですけど,
ファイルの100MBとかをメモリ上に展開してから書き込みしてるわけではないと思うんですが.
どうなんでしょう? 詳しい方教えて下さい!


構成は,
i7 3770K,P8Z77-V PRO,DDR3 16GB 800MHz,Win7 Pro SP1 64bit
YAMAHA RTX810直下.

KURO-N4B2ND4 CrystalDsikMark.jpg

** 1GB **
Sequential Read : 43.256 MB/s
Sequential Write : 53.504 MB/s
Random Read 512KB : 22.505 MB/s
Random Write 512KB : 35.022 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 1.305 MB/s [ 318.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 5.339 MB/s [ 1303.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.521 MB/s [ 371.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 3.370 MB/s [ 822.8 IOPS]

Test : 1000 MB [L: 16.3% (434.2/2662.6 GB)] (x5)

** 2GB **
Sequential Read : 43.542 MB/s
Sequential Write : 90.747 MB/s
Random Read 512KB : 41.276 MB/s
Random Write 512KB : 54.516 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 8.906 MB/s [ 2174.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 8.925 MB/s [ 2179.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 10.533 MB/s [ 2571.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 4.051 MB/s [ 989.1 IOPS]
posted by にゃんこ at 20:30| Comment(6) | TrackBack(0) | NAS

2014年01月08日

連続した配列の動的生成とFile I/O

アドレスの連続した配列のメモリ確保に躓いたのでメモ.
Vectorでやってもいいんですが,それだとFile I/O系を全て変更しないといけないので.


//Grobal
double3 **u_rms;
float3 ***u_timeAnime;

//複数subroutineを無理に一つにまとめたので,動かないかも
subroutine()
{
u_rms= new double3* [size1];
u_rms[0]= new double3 [size1* size2];
for(i= 1; i < size1; i++){ //Pointerを代入? 多分,要素アクセスのアドレス的な何か
u_rms[i]= u_rms[0] + (i* size2);
}
size_array_2D_d3= sizeof(double3)* size1* size2; //もしかしたら,Paddingが…

u_timeAnime= new float3** [is_1000];
u_timeAnime[0]= new float3* [is_1000* size1];
u_timeAnime[0][0]= new float3 [is_1000* size1* size2];
for( i= 0; i < is_1000; i++) { //[i][j]のために,i=0
u_timeAnime[i]= u_timeAnime[0]+ (i* size1);
for(j= 0; j < size1; j++){
u_timeAnime[i][j]= u_timeAnime[0][0]+ ((i* size1* size2)+ (j* size2));
}
}
size_array_3D_Anime_f3= sizeof(float3)* is_1000* size1*size2;



ofstream fout("rms.bin", ios_base::binary);
//先頭アドレスを文字列に変換するため.u_rmsは,ポインタで宣言しているため,並列の先頭要素のアドレスを.sizeof(u_rms)だと,ポインタの大きさを返す.
fout.write( (char*)(&u_rms[0][0]), size_array_2D_d3 );
fout.close();

fout.open("timeAnime.bin", ios_base::binary);
fout.write( (char*)(&u_timeAnime[0][0][0]), size_array_3D_Anime_f3d );
fout.close();

delete[] u_rms[0];
delete[] u_rms;
delete[] u_timeAnime[0][0];
delete[] u_timeAnime[0];
delete[] u_timeAnime;
}

posted by にゃんこ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | C++

2014年01月06日

KURO-N4B2NDのホットスワップでのHDD交換

なんかCD_ROMついてたけど,NAS-Detectorとかいらなくね?
もうひとつの方にユーザマニュアルがあったんですが,これってネットで公開してないのかな?
軽く探したけど見つからなかったです.


ホットスワップ対応なので,壊れてないけどHDDを交換してみた.
初期設定のままなので,RAID5.一応RAID5か確認後が吉.
とりあえずレバーを引いてHDD1を抜いて,挿してみた.
挿した直後,HDD2,3,4は青ランプが点滅するけど,HDD1は消灯のまま.

再構築が自動でされるんじゃ無いかと思ったけど,変化なし.
Webからログインすると,HDD2,3,4がVolume1に設定されているけど,
HDD1は「HDD disk of un-configured volume.」となっていて,Volume1に追加・再構築されていないっぽい.
LGのCD-ROMマニュアルにも記載されてるんですが(P.88),
Volume1のEditを押すと,編集するHDDを選べと言われるので,HDD1を選択しADD.
Pass入力しOKすると,LCDにSYSTEM RESYNINGと出ます.


すると,NASにアクセスできません.
…あれ?

そのあと,Volume1 Edittingって出たような気もするけど…
その後,設定した文字列がLCDに映ればアクセスできるようになりました.
すっごいHDDアクセスランプが光って頑張ってるけど.
posted by にゃんこ at 20:07| Comment(1) | TrackBack(0) | NAS