2013年11月06日

sudo

sudo nautilusをすると,
「(ユーザ名)は sudoers ファイル内にありません。この事象は記録・報告されます。」
って怒られた!
自分が管理者だけど,報告って単語にビビってしまった.
ほうれん草怖い.

なんか,設定ミスが多すぎるような気がするので,OS再インスト時に何かミスった様な?
CentOS6.4が悪いわけでは無いと思う.


さて,
visudoしてみると,
%wheel ALL=(ALL) ALL
root ALL=(ALL) ALL
の両方空いてるという,外部アクセスは想定外の素敵仕様にしてあるのですが,
なんでこれでsudo出来ないかなと思って,idしてみると,
所属グループにwheelが無いのでコレだっと思って早速
usermod -G wheel (username)
すると,ちゃんとidにwheel入ってて一安心.

端末切ってから,sudoし直しても,報告された.
あるぇー?


いろいろ調べてみると,Rebootしたら直ったていうのを見かけて,Rebootしたらsudoできた!

もしかしたら,ログオフで良かったのかもしれないけど,
Reboot最強ですww
posted by にゃんこ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

CentOSの初期設定;Sambaとか

Linuxって渡しには敷居が高くて,設定が上手くハマってない箇所に嵌まると,とそれの対策に2時間とか普通にかかってしまうのです.
普通に使えればいいじゃん? その時ググれば良くね? GUIで出来ることはCUIでやんなくてもいいじゃん? って考えだからなんですが,大半の人はそうだと思い込んでます.Geditおいしいですww


さてさて,ずっとまえにCentOSのバージョンを上げてそのままほったらかしにしていたのですが.
今日,使いたいですと言われたので確認したら,
・Intel Compiler入ってない
・Samba繋がらない
・リモートデスクトップ繋がらない
・右クリックプルダウンに端末に開くがない
・ファイアーウォールのGUI設定がない
となって,しょんぼり.


とりあえず,sudo geditで,「/etc/sysconfig/network」で,ホストネームを変更.
これで,VNCクライアントによっては,その設定名でアクセスできたり,Sambaもそれに連動したり(すると思う)

「/etc/samba/smb.conf」で,
ワークグループの設定を修正.
で,Sambaとnmbを.
一気に下記をやるので,suしておいて,終了後に端末切った方が便利な気がするんだけど.
/etc/rc.d/init.d/smb start (or restart)
/etc/rc.d/init.d/nmb start (or restart)
/sbin/chkconfig smb on
/sbin/chkconfig nmb on
で,大丈夫なはず.
あと,sambaが入っていなければ,yum install sambaでいけたと思う.


右クリックプルダウンメニューの「端末の中に開く」が入ってなかったので,インストール
yum install nautilus-open-terminal


で,この状態でSamba繋がらないわ,VNC繋がらないわ.
でも,中からVNCは繋がるし,pingは両通行なので,ファイアーウォールかなっと思ったんだけど,GUIの設定管理にない.
Textエディットは面倒そうだし,やったことが無くて怖いので,GUIのを探す.
yum install system-config-firewall

で,ファイアーウォールを無効に.
これは,研究室内にルータ置いてからのつり下げなので,特に問題は無いだろうと.

やったね,動いたよ!


終わってみると,なんでこんなのに時間がかかったのか不思議になるよね.


追記
Windowsネットワークを開いたときに,「場所をマウントできません.サーバから共有リストを取得できませんでした」と出たので,ファイアーウォールが切り捨てているのかなと思ったのです.
posted by にゃんこ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux